プロテオグリカン デメリット

プロテオグリカンが配合された化粧品が欲しいと考えている方は肌の乾燥が進み肌荒れなど起こしている状態かもしれませんね。まずは、プロテオグリカンで、肌の保水力をあげて行くことが必要ですね。
MENU

プロテオグリカンのメリットとデメリット

今、美容業界で大注目の成分と言えば、プロテオグリカンです。ヒアルロン酸のなんと1.3倍もの保水力をもつといわれているプロテオグリカンは、これまで完全な形で抽出することが難しかったのですが、昨今の技術の開発で、より完全な形で抽出することが可能になり、今、それを配合した美容液やクリームなどの数も増えつつあります。

 

プロテオグリカンを配合した美容液などを使うと、その強力な蓄水効果で、肌は内側からぷるんと潤い、その状態が長くキープされるようになるといわれています。ですから、乾燥肌や敏感肌の状態は改善していき、また加齢に伴いしぼんで元気がなくなってしまった肌もみずみずしく若々しくかわっていくのだとか。エイジングサインを始めとする肌のトラブルに確かな効果を実感できるのが、プロテオグリカンのメリットだといえるでしょう。

 

一方で、プロテオグリカンにはデメリットもあります。それは、値段が高いこと! いくら抽出技術が発達したとはいえ、プロテオグリカンはまだまだ稀商品であることに変わりはないようで、プロテオグリカン配合の美容液は、ヒアルロン酸配合の美容液の2倍程度の値段がするのが普通になっています。

 

そして一番のデメリットは副作用に関してになります。
プロテオグリカンがもともと体内に存在している成分だとしても摂取や使い方を間違えるとメリットもデメリットに変わってしまいます。関節に存在するコラーゲン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンの量が減ってきたことを知らせるサインだと察知したら食品やサプリなどで補う必要もあります。ここで注意する点はプロテオグリカンは食品となりますので副作用はないと言いますが、今の日本では、サケの鼻軟骨から採取されるプロテオグリカンが使用されているものが多いです。ですから、サケに対するアレルギーをお持ちの方は、摂取を控えなくてはなりません。
同様に、化粧品に配合されている場合もアレルギーという副作用を心配する必要があります。

 

ですが、プロテオグリカンには、お肌の弾力や水分保持には効果が期待できるので、使えるものなら使用して、肌にハリと潤いを取り戻したいものですね。

 

プロテオグリカンが配合された化粧品が欲しい

保水力がきになっているならプロテオグリカン配合の化粧品はおすすめです。プロテオグリカン配合の化粧品を紹介していますのでTOPページで確認してください。
このページの先頭へ