プロテオグリカン 美容

プロテオグリカンが配合された化粧品が欲しいと考えている方は肌の乾燥が進み肌荒れなど起こしている状態かもしれませんね。まずは、プロテオグリカンで、肌の保水力をあげて行くことが必要ですね。
MENU

プロテオグリカンと美容の関係

昨今、新しい技術の開発により、大量に、なおかつほぼ完璧な状態で抽出することができるようになった成分が、プロテオグリカンです。

 

プロテオグリカンは、もともと人間の体内に存在している成分で、皮膚や軟骨、骨、血管といったところで、水分を蓄えこんだり細胞を新しく作り出す働きをしています。そのため、スキンケア化粧品からサプリメント、医薬品まで、現在、新しい技術をいかしたプロテオグリカン使用の製品の開発が進められているといいます。とりわけ、スキンケア化粧品の世界では、プロテオグリカンへの注目度は高くなっているようです。

 

それもそのはず、プロテオグリカンの蓄水力は、あのヒアルロン酸のなんと1.3倍とも言われています。

 

プロテオグリカンの配合された美容液などを使用することによって、肌の内部から持ち上がるような潤いを取り戻すことができ、乾燥肌や敏感肌はもちろん、エイジング肌も改善に向かうことが出来るのだそうです。実際の研究でも、プロテオグリカンの美容液を塗布した肌は、あきらかな肌年齢の低下が確認されています。さらにプロテオグリカンは、細胞を新しく作り出す働きにも長けているため、より生まれたての美しい肌に近づくことが出来るのです。

 

 

大手企業のサントリーのサイトでプロテオグリカンが夢の美容成分として紹介されています。
水・ヒアルロン酸・プロテオグリカンの3種で保水力の実験を行っています。プロテオグリカンの保水力に関して気になる方はご覧ください。
出典サントリー健康情報レポート

 

この「プロテオグリカン」は動物の軟骨に多く含まれる成分です。最近はサケの軟骨から抽出しています。
サケの軟骨は食べることも出来ますが、プロテオグリカンの美容効果を得たいと思うならサプリメントや、化粧品がオススメとなります。
一番の理由としては、鮭の鼻軟骨を日常的に食事として摂取するのは難しいことです。また、プロテオグリカンの原料となる鮭の鼻軟骨は、熱すると壊れてしまうという性質があります。

 

この鮭の鼻軟骨は、青森県などでは「氷頭(ひず)」とよばれて昔から食べられているようです。氷頭はコリコリとした食感で、野菜と一緒に酢に漬け込んだ「氷頭なます」にして食べるのが一般的です。火を通さない調理では、プロテオグリカンの成分を効率よく摂ることができるのでおススメです。

 

ですが、毎日食べることは難しいので、サプリや化粧品をつかい肌弾力を取り戻したいですね。
もちろん、機会があれば一度、青森の「氷頭なます」を食べてみたいものですね。

プロテオグリカンはどんな食品に含まれているの?

プロテオグリカンは、人間の体の中、皮膚や血管、軟骨といったあらゆる場所にもともと存在している成分です。
しかし、不規則な生活習慣が続いたり、年を重ねていくと、その量は次第に減少。関節の痛みやぎこちなさ、肌のしぼみ、くすみ、乾燥など、あらゆるエイジングサインが現れるようになってしまいます。

 

しかし、美容液やサプリメントなどを通してプロテオグリカンを外側から補ってあげれば、それらの不調は見る見る改善していきます

 

プロテオグリカンには新しい細胞を作り出す力もありますから、全身の若返りが期待できるでしょう。プロテオグリカンは、サプリメントでなくても、魚の軟骨や鶏の軟骨などから摂取することができます。しかし、熱を通すことで変型してしまうことも分かっているので、やはりサプリメントなどが手軽です。もしくは、プロテオグリカンに大変よく似た構造をもつ、グルコサミンを摂取するとよいでしょう。グルコサミンは、ウナギ、干しエビ、ヤマイモ、フカヒレといったものに含まれます。また、コラーゲンもプロテオグリカンのような効果が得られ、かつまたプロテオグリカンと補い合って肌をキレイにしてくれます。コラーゲンは豚足や鶏皮、牛筋などに多く含まれますから、これらを摂取することによって、間接的にプロテオグリカンの働きも高めていきましょう。

 

 

 

プロテオグリカンが配合された化粧品が欲しい

保水力がきになっているならプロテオグリカン配合の化粧品はおすすめです。プロテオグリカン配合の化粧品を紹介していますのでTOPページで確認してください。
このページの先頭へ