プロテオグリカンとは

プロテオグリカンが配合された化粧品が欲しいと考えている方は肌の乾燥が進み肌荒れなど起こしている状態かもしれませんね。まずは、プロテオグリカンで、肌の保水力をあげて行くことが必要ですね。
MENU

プロテオグリカンとは?

今、美容・健康業界で大きな注目を集めている成分といえば、プロテオグリカンです。
プロテオグリカンのすばらしいところは、その保水力の高さにあります。


プロテオグリカンの保水力は、同じく保水・蓄水力にすぐれた成分、ヒアルロン酸のなんと130パーセントなんだとか。

 

だから、加齢にともないしぼんでしまった肌や、何をつかっても良くならなかった乾燥肌にも、テキメンの効果を出してくれるといわれています。

 

プロテオグリカンの正体は、タンパク質と糖鎖が結合したもの。水分を溜め込むだけでなく、新しい細胞を作り出す力にも優れています。もともと、皮膚や軟骨、血管など、人間の体の中のあらゆるところに存在しているプロテオグリカンなのですが、不規則な生活や加齢などに伴い、その量が不足してしまっている人がほとんどなので、外側から補充してあげると、みるみるうちに肌がきれいになったり関節痛が和らいだりするのだとか。

 

これまではなかなか完全な状態で抽出することができなかったプロテオグリカン。しかし最近、新しい技術で大量に抽出できるようになったこともあり、その効能をいかした美容液や化粧水、サプリメント、医薬品などの開発が進んでいるそうです。

 

水溶性プロテオグリカン

ここで一つの疑問が発生します。例えば、テルヴィスのアクアプロテオの全成分を見て下さい。

アクアプロテオの全成分
水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、水溶性プロテオグリカン、プラセンタエキス、ヒアルロン酸Na、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、トレハロース、プルラン、加水分解コラーゲン、リン酸アスコルビルMg、ローズ水、加水分解エラスチン、PCA-Na、ベタイン、ソルビトール、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、トレオニン、アルギニン、リシン、グルタミン酸、セラミド1、セラミド3、セラミド6U、フィトスフィンゴシン、コレステロール、キサンタンガム、ラウロイル乳酸Na、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール

 

水溶性プロテオグリカンと記載されています。
プロテオグリカンとの違いは何だろうと思いましたので調べてみました。

 

プロテオグリカンを化粧品成分表示名称で表すと【水溶性プロテオグリカン】となるようです。ですから、健康食品にはプロテオグリカンと記載されているのですが、化粧品類には水溶性プロテオグリカンと記載されています。

プロテオグリカンがあれば加齢もこわくない

昨今、新しい技術の開発により、大量に、なおかつほぼ完璧な状態で抽出することができるようになった成分が、プロテオグリカンです。

プロテオグリカンは、もともと人間の体内に存在している成分で、皮膚や軟骨、骨、血管といったところで、水分を蓄えこんだり細胞を新しく作り出す働きをしています。
そのため、スキンケア化粧品からサプリメント、医薬品まで、現在、新しい技術をいかしたプロテオグリカン使用の製品の開発が進められているといいます。

 

とりわけ、スキンケア化粧品の世界では、プロテオグリカンへの注目度は高くなっているようです。それもそのはず、プロテオグリカンの蓄水力は、あのヒアルロン酸のなんと1.3倍とも言われています。プロテオグリカンの配合された美容液などを使用することによって、肌の内部から持ち上がるような潤いを取り戻すことができ、乾燥肌や敏感肌はもちろん、エイジング肌も改善に向かうことが出来るのだそうです。

 

実際の研究でも、プロテオグリカンの美容液を塗布した肌は、あきらかな肌年齢の低下が確認されています。さらにプロテオグリカンは、細胞を新しく作り出す働きにも長けているため、より生まれたての美しい肌に近づくことが出来るのです。

 

 

 

プロテオグリカンが配合された化粧品が欲しい

保水力がきになっているならプロテオグリカン配合の化粧品はおすすめです。プロテオグリカン配合の化粧品を紹介していますのでTOPページで確認してください。
このページの先頭へ