プロテオグリカン 効果

プロテオグリカンが配合された化粧品が欲しいと考えている方は肌の乾燥が進み肌荒れなど起こしている状態かもしれませんね。まずは、プロテオグリカンで、肌の保水力をあげて行くことが必要ですね。
MENU

プロテオグリカンに期待できる効果

プロテオグリカンは5大効果が期待できるとされています。

  1. 保湿効果⇒シワ・ほうれい線改善効果
  2. コラーゲン・ヒアルロン酸の生成を促進する効果⇒たるみ・ハリ改善効果
  3. ターンオーバー活性化⇒シミ・くすみ・色素沈着等の改善効果
  4. 炎症を抑制する効果⇒ニキビ・肌あれ等のトラブル改善効果
  5. 関節痛の改善効果

上記の1〜4までの効果が実現できれば肌も蘇ることが期待できます。
また、関節痛にも効果が期待できることから、プロテオグリカンは化粧品だけでなくサプリメントなどにも活用されていて、プロテオグリカン配合のサプリなども人気が出てきています。

 

プロテオグリカンは口からの摂取でも胃の中で溶けないといいますから、サプリでの活用も良さそうですね。

 

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸の1.3倍もの保水力をもった成分として、今大注目の成分です。
もともと人間の皮膚や軟骨、血管内にたくさん存在していながら、加齢や不規則な生活によって減少してしまうプロテオグリカンは、完全な形で抽出することも難しく、スキンケア化粧品や健康食品に配合して外側から摂取することもほぼ無理といった状況でした。

 

しかし昨今、新しい技術の開発で、プロテオグリカンがほぼ完璧な状態でしかも大量に抽出できるようになったため、これを使った化粧品やサプリメント、医薬品などの開発が行われるようになってきています。

 

プロテオグリカンに期待できる効果は、ヒアルロン酸やコラーゲンの効能以上のものです。プロテオグリカンを摂取すると、肌や関節の水分をしっかり保持して置けるようになるので、敏感肌や乾燥肌の悪い状態が改善していきますし、ひざなどの痛みも軽減していくとされています。

 

また、プロテオグリカンには、新しい細胞を作り出す効果もあるといわれています。だから、プロテオグリカンの摂取によって、生まれたてのようなみずみずしい肌やエネルギーに満ち溢れた身体を作っていくことも可能です。

プロテオグリカンは副作用の心配もありません

敏感肌や乾燥肌、エイジングサインを改善し、生まれたての赤ちゃんのような美しい肌に導いてくれるというプロテオグリカン。今、美容と健康の業界で大きな注目をあつめている成分です。プロテオグリカンの摂取を続けると、肌は内側から潤い、関節などの痛みはやわらぎ、全身の細胞が新しく生まれ変わっていくことがわかっています。しかもプロテオグリカンは、もともと人間の血管や軟骨、皮膚の中に存在していて加齢や不規則な生活習慣によって減少してしまっているだけの成分でもあるので、それを外側から補ってあげても、副作用が起こる心配はありません

 

むしろ、プロテオグリカンが足りなくなっている方が支障をきたすので、積極的にプロテオグリカンを摂っていく方が、体のためになるのです。

 

実際、プロテオグリカンの服用や塗布での副作用が訴えられた例はありませんし、健康被害の報告もなく、安全です。

 

ただし、どんなものでも過剰な摂取はご法度です。用法や用量をしっかり守らないと、思わぬトラブルが起こらないとは言い切れません。また、自分のそのときの体調などともよく相談することが大切です。

 

プロテオグリカンが配合された化粧品

20代後半から減少し始める肌の保水力キープには、しっかり奥まで浸透するプロテオグリカンがおすすめです。プロテオグリカン配合の選りすぐりの化粧品を紹介中ですので参考にしてみて下さい。

プロテオグリカンは関節痛の改善効果も期待できる

プロテオグリカンの効果は肌だけにはとどまりません。
プロテオグリカンは皮膚や軟骨、骨、血管といったところで、水分を蓄えこんだり細胞を新しく作り出す働きをしていますので、関節の痛みにも利用されるようになってきています。今までグルコサミンやコンドロイチンなどのサプリが、関節痛などには使われていましたが、中には効果に満足できない人も多くいたようで、プロテオグリカンを配合した健康補助サプリも人気が出ています。

 

『深潤EX』というサプリになりますが、米国特許を5つ取得した話題の新成分「UC-II」と、新軟骨成分として注目の「プロテオグリカン」から作られています。
こんな方々に人気のサプリです。

  • スムーズに活動したい方
  • 登り降りが気になる方
  • 健康のためにスポーツを続けていきたい方
  • 曲げ伸ばしが不安な方
  • グルコサミン、コンドロイチンが続かなかった方

 

詳しくは『深潤EX』公式サイトで

このページの先頭へ